現代人の疲れの原因の一番は眼精疲労からくる肩こりや偏頭痛。ひどい人になると吐き気やうつ病にまでなる人もいるとのこと。
この眼精疲労に良い成分があります。それがアスタキサンチンです。

なぜいいの?

アスタキサンチンがなぜ、眼精疲労にいいのでしょうか?それは、アスタキサンチンは目まで届くことができる抗酸化成分だからです。
ビタミンやβカロテン、コエンザイムQ10などの抗酸化成分は脳や目に行く手前の部分で止められてしまうため、目や脳までたどり着くことができません。アスタキサンチンはその門番の許可を得て、目まで届き、疲れた部分を回復させてくれる力があるからです。また、その抗酸化成分の力はコエンザイムやビタミンの数千倍の抗酸化力があると言われており、効果も絶大です。

どれぐらいの量が必要??

アスタキサンチンの実証データとしては1日の摂取量が6mg以上で効果があったとの実証データが多いです。
その摂取量を目安に眼精疲労などでお悩みの方は試してみられてはいかがでしょうか?