最近健康食品といえば、抗酸化といわれるほど、多くの成分で抗酸化作用があると言われています。では抗酸化とは一体どういうことなのでしょうか?
ここでは抗酸化について解説していきます。

抗酸化と活性酸素

抗酸化がでてくると必ず対になってでてくる活性酸素、活性酸素は体内でエネルギーを作り出す時に、必ず出てしまう成分であり、免疫力として体外から侵入してきた物質を退治する成分でもあります。ですが、活性酸素が多すぎると、悪玉活性酸素になり、細胞を傷つけてしまい、老化やガンの原因となってしまいます。老化を防ぐという表現から活性酸素をやっつけてくれる抗酸化成分に注目があびるようになったのです。

抗酸化成分の種類

抗酸化成分といっても多くの種類の成分が抗酸化作用をもっています。有名なものではビタミンCやE、カロテノイド成分であるβカロテン、ワインなどの多く含まれるポリフェノール、サケやイクラなどに多く含まれるアスタキサンチン最近は水素という抗酸化成分もあり、いろいろな成分で抗酸化作用があると言われています。抗酸化成分であれば効果は同じかと言われれば、同じではなく水溶性や 油溶性、成分の大きさによって、どこで抗酸化力を発揮するのかがちがってきているため、それをわかって摂取してあげる事が大切になってきます。
抗酸化について詳しくは→http://www.will-station.com/